雛祭りを素敵な思い出に!愛情たっぷりの手作り雛人形で女の子の健やかな成長を願う

このサイトでは日本の二十四節句のひとつである、ひな祭りについて見ていきます。
平安時代に起源を持つこの祭りは、女の子の健やかな成長を祈願するのが目的です。
多くのご家庭で雛人形を購入されているでしょうが、わざわざ買うだけでなく手作りのものを用意するご家庭も増えてきました。
自作をすることでわが子への愛情を示すことができ、思い出深いひと時を過ごせることでしょう。
簡単に作り方などをここで見ていくことにします。

雛祭りを素敵な思い出に!愛情たっぷりの手作り雛人形で女の子の健やかな成長を願う

手作りの雛人形を作るためには、手芸用品を買い揃えなくてはいけません。
そして本来は、母親や祖母が女の子が生まれた際に雛人形を手作りするのが風習でした。
愛情を深められるのはもちろんのこと、病気やケガなどをしないようにという祈願を込めて作るものです。
雛人形に最適な素材はちりめんと呼ばれる生地と綿で、さほど難しいものではありません。
人型と呼ばれる型が用品店で販売をされてるので、これを活用してあとは縫うだけです。

手作りの雛人形を選択する方が増えている理由

女の子の節句の1つとしてひな祭りがあり、雛人形を飾りながら子供の成長や健康を願うお祭りになります。
家庭では雛あられやちらしずしを食べ、雛人形を飾る事が多いです。
市販されているタイプは7段飾りと豪華な種類から、お内裏様とお雛様の2体のみのタイプなど様々な種類から選ぶ事が出来ます。
ただし最近では手作りの雛人形を選択する傾向が増えてきていますが、ポイントとなるのが飾る場所と保管スペースです。
7段飾りとまではいかないにしても、2段飾りやお内裏様とお雛様のみのコンパクトなタイプなども選ぶ事ができます。
やはり困るのは飾る場所の確保と、人形を収納しておくべきスペースの確保です。
戸建てでの生活だけでなく賃貸によるアパートやマンションとなると、飾る場所も保管場所も限られてくるケースが多くなります。
そのため手作りする事で、サイズ自体をより小さく抑える事が可能です。
ひなまつりが終わった後でも、手作りで作ったタイプであれば簡単に収納する事ができます。

既製品とは違う温もりがある手作り雛人形

女の子が生まれた時には雛人形を購入して、3月3日に合わせて飾り3日のうちにしまうというのが習わしです。
日本ではそれが女の子の健やかな成長を祈るという事に繋がっていますし、昔から繋がっている文化です。
それを継承したい気持ちはあるけれど、購入すると温かみもないしもっとぬくもりを感じたいという事であれば手作りで雛人形を作るのもお勧めです。
温もりは必ずお子さんもある程度大きくなれば感じてもらうことになりますし、手作りの暖かさというのはいつの時代も求められています。
さらに費用を抑えることが出来るという点でも、スペースを省略できるという点でもメリットはありますので選ぶ価値があるでしょう。
どういった形の物を選ぶかという事においては、種類も豊富に出ていますし人形メーカーが販売をしている物も有りますので本格的で要チェックです。
価格帯も選ぶものによって少し変わってきますが、本物の人形よりも格段に安いのがポイントです。

家庭にある物を使って工夫次第で作れる手作り雛人形

立派な雛人形をしつらえている家でも、玄関や出窓や居間のカウンターに小さなお雛様を飾りたいものですね。
階段やトイレなどの壁に、壁掛け式やつるし雛などをかけても目を楽しませてくれます。
家庭にあるものを工夫して使うことで、我が家だけのかわいらしい雛人形を作ることもできます。
たとえばトイレットペーパーの芯を2本用意して、お雛様とお内裏様を作れば並べて立てて置けます。
衣装や顔は折り紙を使って切り貼りし、目や口はサインペンなどで描くのも楽しいものです。
折り紙だけで作るお雛様もいろいろなサイトで紹介されていて、年齢に応じて簡単なものから凝ったタイプまで様々です。
ゴージャスな和柄の千代紙を使えばそのまま華やかな着物の柄になるし、失敗してももう1枚使って挑戦できるので便利です。
卵の殻を使ってお雛様に見立てて雛人形を作る人もいますが、卵の中身を抜いてきれいに洗ってから使いましょう。
立てられるようにそこに粘土などを貼り付け、折り紙やフェルトで衣装をつけて顔をかけばできあがりです。

100円ショップのグッズだけで手作り雛人形

100円ショップで雛人形というと結びつきそうで結びつかないイメージですが、実はお店のグッズだけで手作りができるのではないでしょうか。
100円ショップはとにかく安さが魅力ですが、それ以上に品揃えが豊富だったり、想像力を掻き立てる思わぬグッズに出合えることが少なくないです。
雛人形は高級で職人が丹精を込めて作り上げるもの、そのイメージは間違いではありませんが、必ずしもそうとうわけでもないです。
つまり、安い材料で作っても構いませんし、素人が手作りをして楽しんでも誰も文句はいわないわけです。
むしろ予算が限られていても楽しめたりアイデアが活かせる余地があるのは、高級な雛人形にはない魅力であり可能性だといえます。
一見して雛人形とは無縁に見えるグッズも、見る人が見ればアイデアをひらめくヒントや切っ掛けになりますし、思わぬアイデアで驚くような完成度の作品に仕上がることも十分に考えられるのではないでしょうか。

雛人形に関する情報サイト
意外と知らないひな祭り

このサイトでは日本の二十四節句のひとつである、ひな祭りについて見ていきます。平安時代に起源を持つこの祭りは、女の子の健やかな成長を祈願するのが目的です。多くのご家庭で雛人形を購入されているでしょうが、わざわざ買うだけでなく手作りのものを用意するご家庭も増えてきました。自作をすることでわが子への愛情を示すことができ、思い出深いひと時を過ごせることでしょう。簡単に作り方などをここで見ていくことにします。

Search